にきびと痕について

にきびと痕について

にきびと痕についてです。

 

 

思春期になると、ホルモンの関係で多かれ少なかれ誰でもできるのがにきびです。

 

 

お肌の手入れ方法や食生活の影響などにより、成人後もにきびができる人もいます。

 

 

にきびは顔の目立つ場所にできることもあります。

 

 

特に何もしなくてもにきびは目立たなくなりますが、
状況によっては痕になってしまうことがあるようです。

 

 

にきびができるのは、皮膚から分泌されている皮脂や汚れの類が
毛穴で腫れたり、痛みを持つためです。

 

 

元々些細なにきび痕なら、毎日顔を洗って清潔にしていれば十分ですが、
大きな痕が残ってしまうことがあります。

 

 

特に黒にきびや赤にきびになってしまったという時は、注意が必要になるでしょう。

 

 

にきびの先が膿んでしまった場合は大きくなりがちなので、
潰そうとする人もいますが、不用意に潰すと痕が残りやすくなってしまいます。

 

 

にきびを潰そうとする人間の手は菌の温床ですので、
潰したことで菌が触れ、感染症を誘発してしまうことがあります。

 

 

にきびは粗雑に扱って腫れを進行させると、痕も広がり治すことも大変になります。

 

 

手に負えないにきびだと判断したら、皮膚科の医院に行くのもいいでしょう。

 

 

特に化膿しているときには、病院で処置してもらったほうが、
痕も残さずきれいに治すこともできます。

 

 

適切な洗顔を行うことはにきびケアの基本です。

 

 

洗顔料をしっかり泡立てて、泡で顔を洗うようにしてください。

 

 

にきびの痕を残さないようにするには、
にきびの数が多い時の毎日の洗顔が欠かせません。

 

 

「ビーグレン通販化粧品のキャンペーンとトライアル商品の紹介」サイトへ戻る