痕の残りやすいにきびについて

痕の残りやすいにきびについて

一旦にきびができてしまうと治癒には時間がかかり、
痕が残ってしまうことがあります。

 

 

一度できたにきびの痕も時間の経過とともに消えていくものがほとんどです。

 

 

皮膚がなめらかで、にきびがあった場所に茶色や赤の痕がある時は、
お肌のターンオーバーが進むにつれて徐々に排出されていくだけの色素です。

 

 

にきび痕の部分が、肌がくぼんでしまったという時は注意が必要です。

 

 

これはにきびの腫れが余程大きかったか、にきびの数が多かったかによります。

 

 

盛り上がったにきびの痕は体質にも関係していいます。

 

 

元々傷がケロイド状になりやすい人に多いので、
傷が残りやすい体質の人はにきびにも気をつける必要があります。

 

 

にきび痕にデコボコができると、元通りのなめらかさは取り戻せません。

 

 

事実、にきび痕が顔の目立つ場所にあることを、
長い間気に病んでいるという方もいます。

 

 

病院でにきび痕を目立たなくする処置をしてもらうという人もいます。

 

 

専用のテープやステロイド注射で、にきび痕をわからなくするという方法です。

 

 

治療の効果は体質や皮膚の状態によって違いますので、
まずは診察を受けてみて下さい。

 

 

全ての病院がにきび痕を跡形もなくしてくれるとは限りません。

 

 

へこんだ痕は縫ったり削ったりして治療しますが、
専門技術が必要なため治療できないこともあります。

 

 

事前にしっかりカウンセリングを受けて
納得のいくにきび痕改善の方法を選択するようにしましょう。

 

 

 

「ビーグレン通販化粧品のキャンペーンとトライアル商品の紹介」サイトへ戻る